fc2ブログ
QLOOKアクセス解析

カテゴリー "ライオン 〈長編〉" の記事

ライオン #40

「先ずは、その良くも悪くもない平凡なスタイルからだ。」日本に着いて数時間後、本格的にF3プロデュースの付け焼き刃大作戦が始まっていた。この忙しい三人を捕まえて指導してもらえるなんて、あたしは本当に恵まれていると思う。思うけど……「平凡で悪かったわねっ!」「てめぇら、俺に喧嘩売ってんのかっ!」「ま、牧野落ちつけっ! 司もっ!」いきなり不躾な事を宣う総二郎に、つくしと司は食ってかかる。が、いつも通りに仲裁...

ライオン #39

「さてとっ、あたしもそろそろ寝るか。」あの後、花沢類もさっさと寝てしまったし。1人でする事もないので、皆と一緒にソファーに寝転がって寝ようと、自分の分のブランケットを引っ張りだした。そこまでは良かった。のだが。「…………。」ブランケットを片手に持ったまま、あたしは固まってしまった。「よう。随分と楽しそうだったな。」「ど、道明寺? おおお起きてたの?」さっきまでソファーで静かに寝ていたはずの道明寺が、ミネ...

ライオン #38

「つくしちゃん、明日は日本に 司と一緒に戻るのよね?」「あ、はい。」そもそも、香港に来たのは道明寺のパーティに同伴する為。予想外の事も起こったけど、それももう終わったので、明日は帰国日となっていた。「じゃ、今日は疲れたでしょうし、ここに泊まってゆっくりしていってね。」「と、泊まる??」「あら、ホテルとってあるの?」「え、えっと……?」言葉に詰まったつくしは、司の言葉を思い返した。ーーーー アイツ、何か...

ライオン #37

「俺に任せろって?」「……とにかく、ついて来い。」「へっ??」あたしとおじさんは道明寺にいわれるがままついて行き、着いた先は……。「司、ここって……。」「ああ。」「こっ、これはこれは、また……。」目の前には、パッと見で高級のそれとわかるマンション。入口には、屈強そうなガードマンまでついている。「アンタん家って、こんなとこにも不動産持ってんの?」何故 あたしがこんなことを言うのかというと、見覚えのあり過ぎる...

ライオン #36

「全く~記者会見やれば良かったのにさ~。」「さっきからしつけーんだよ! 誰がやるかっっ!!」「ま、まぁまぁ……。」ーーーーあれから、結局。会場にいた皆さんにお騒がせしましたの挨拶もそこそこに、慌ただしくステージを降りたあたしたち。そして、そのまま逃げるように会場を後にし、お決まりのリムジンに乗り込んだ。そういえば、F3と滋さんと桜子になにも言わないで出てきちゃったけどよかったのかな……。「でもさ、つくし...