fc2ブログ
QLOOKアクセス解析

記憶喪失物語。#13


「さっ、つくしちゃん食べて食べて!」

「はいっ、いただきます!」

目の前にずら~りと並べられた何種類もの料理。

一体何人がかりで食べたら間食出来るんだろう。

わかんないけど、とりあえずひとくち口に運んだ。

「‥‥どう!?美味しい!?」

もぐもぐ‥‥

「‥‥‥!!‥‥と~っても美味しいですぅ!」

思わず頬が綻ぶ。

「さすが、道明寺家のシェフですね!」

「前から凄い美味しかったけど、さらに腕あがったんじゃないですか!?」

「あら、嬉しいこと言ってくれるわね。」

「今日はつくしちゃん招待するって言ったら、シェフも使用人のみんなも張り切っちゃってね。」

「今日はつくしちゃんのためのスペシャルディナーよ。」

「あわわわわわ‥‥‥!!あたしなんかのために有難うございます!後で、お礼言いに行かなきゃ!」

「ふふっ、皆喜ぶわ。」

「はいっ!」



‥‥‥‥スペシャルディナーって何だそれ。

この家に住んでる俺でも聞いた事ねーぞ。

まぁ確かに、今日の料理の気合いの
はいりかたは半端ねえけど。

卓上、滅多に取れねえ珍味ばっか。

今、世界一のメシ食ってんのは間違いなくお前だ、牧野。

‥‥‥お前は知らねー方がいいか。


「道明寺!」

「‥‥ん?」

「なに、ボーッとしてんの。料理冷めちゃうよ。せっかく美味しいのに。」

「あぁ‥‥。」

「あっ!そのブロッコリー凄い美味しかったよ!」

「‥‥‥‥。」

ーーーーなんで、よりにもよってブロッコリー?

もっと良いもん目の前にあんだろ。

高級食材‥‥‥もとい、シェフが泣くぞ。


「あ~美味しかった~!!」

「そりゃ良かったな。」

美味しいご飯をご馳走になって、大満足のあたし。

食後の腹ごなしに道明寺と散歩に出掛けた。

ーーーーちょっと、話しもあったし。

「‥‥‥道明寺。ちょっといいかな。」

「?」

「おぉ。」

何だ牧野のやつ。いきなり改まって。

とりあえず、話しあるなら座って話そうとテラスに移動した。

「どうしたんだよ。」

「‥‥‥あの、さ。」

「なに。」

「聞きたいことがあるんだ‥‥けど。」

「だから何だよ。」

「‥‥‥‥。」

向かい側に座る牧野はそれきり黙りこくってしまった。

ずっと下向いて、なんか躊躇ってるみてーだった。



ーーーーこのままじゃラチがあかねえ。

そう思った俺は、立ち上がって牧野の隣に移動した。

「なんか言いたいことあんだろ。」

牧野の顔を覗き込んでそう言ったが、髪で隠れてどんな顔してんのかわかんねえ。

「‥‥‥‥‥‥‥うん。」

こくりと頷く。

「早く言え。」

「もう、急かさないでよ!」

「‥‥‥‥何が知りたい?」

俺がそう言うと、牧野は数秒目をぎゅっと閉じて。

決心したみたいにでかい瞳をこっちに向けてこう言った。


「道明寺‥‥今、好きな人いるの?」


「‥‥‥はあ?」


******




意味が分からない。

こいつは何を言ってんだ?

‥‥‥もしかして俺の聞き違いか?



予想もしてなかった質問に面喰らって、今度は俺が言葉を失った。

そんな俺を無視して、牧野はぽつりぽつり話し出す。


「もう、知ってると思うけど‥‥」


「あたしは、道明寺が好きだよ。」


「!!!!」


はじめて牧野に好きだと言われた俺はすげー嬉しくて、思わず顔がニヤケた。

とりあえず片手で口元を隠してバレないように少し横を向く。

「でもさ‥‥‥」

浮かれてる俺とは正反対の声が耳に届いた。

「道明寺は好きな人がいるんだよね?」

「あ?‥‥あぁ。」



ーーーー居るけど。



ーーーー今ちょうど隣に。



「さっき、その‥‥‥」

つくしの顔が、ほんのり赤く染まる。

「キスッ‥‥‥したじゃん?」


恥ずかしさに耐えきれないように、再びぎゅっと目を閉じた牧野。


ーーーーかわいすぎて死にそうだ。


こんな顔、誰にも見せんじゃねーぞ。


「さっきはびっくりして‥‥本当は避けるべきだったよね。ごめん‥‥。」

「‥‥なんで謝る?」


俺からしたのに?


「彼女に悪いから‥‥」

「そういうの、やっぱよくないよね。」

そこまで言うと、悲しげな表情にかわった。




ーーーーなんか知ってるぞ。この‥‥‥嫌な予感。





「‥‥‥よくわかんねーけど、盛大な勘違いしてるだろ。」

「‥‥っえ?」

つくしの大きな瞳が見開く。

「それって、どういう‥‥‥」

「俺が、好きなのはーーー」




あたしが好きなまっすぐで綺麗な道明寺の瞳。

その瞳に見つめられると、どうしていいかわからなくなる。





プルルルル

プルルルル



ーーー脈絡なく鳴る携帯の呼び出し音。

「あ。あぁ、ごめん。電話みたい。」

「ちょっと、外すね。」

「後でかけ直せよ。」

「急ぎの用かも知れないでしょ。」

そう言って、走って室内に入って行った牧野。

仕方がねーから、俺はコーヒーでも飲んで待つ事にした。















道明寺の視線にどきどきして、心臓が持ちそうになかったからタイミング良く掛かってきた携帯のせいにして逃げた。

後は、続きを聞くのが怖かったから。

ーーーー逃げたって、どうにもならないのに。





プルルルル

プルルルル


まだ、しつこく鳴り続ける携帯。

とりあえず出ようと着信を確認して驚いた。













「海ちゃん‥‥‥。」



スポンサーサイト