fc2ブログ
QLOOKアクセス解析

I LOVE YOU の行方 3


” なぁ 牧野 ”

” お前まだ、俺の事好きでいてくれるか? ”


聞きたくて仕方ないけど、まだ聞けない。

お前が居なかった期間を思い出すと、今でも凍え死にそうになる。

あたためて欲しい。

お前にも俺を愛して欲しい。

こんなに近づいても、心がわからねえなんて耐えられない。……だから、


『キスして』


強請って漸く貰えたキスでも、死ぬほど嬉しかった。








触れたい。

まだ足りない。

もっと、もっと牧野に。

「……あッ!?」

キスをしながら本能のまま素肌を求め、華奢な背中へと手を潜らせると、小さな身体がビクンと震えた。

「え? やっ、道明寺っ?」

「……」

「なん、えっ、待って……」

戸惑う声は聞こえないフリをして手を進めると、背中の真ん中あたりにある障害物へと辿り着く。

「……くそ」

だが、背中にあるソレを外そうとしたが、手が焦って中々外れない。

「えっ!?」

もう我慢も効かなくなってきて、後ろから前に回した手で下着をずり上げた。早く触れたいそれを露出させると驚きの声も上がるが、今の俺には気にしている余裕もない。

また唇を塞いで、今度はもっと濃厚なキスを。

「やべ、興奮する」

前ボタンを全て外した中から現れた、控えめな膨らみ。

「……さわっていいか?」

「やだだめっ!ぜったいだ……ッあ!」

綺麗なお椀型をしたそれを、舌を絡めて口内を犯し、夢中で触れた。




「牧野、綺麗だ」

薄暗いシーツの中、もう隠すものがない牧野の華奢か身体が白く浮き上がる。

「…………ッ」

もう声も満足に出せない牧野は、顔や耳、首元まで真っ赤に染め上げ、ふるふると頭を振って小さな抵抗を見せた。

ーーーー でも悪ィな、牧野。

そんな可愛い抵抗じゃ、全然止まらねえよ。


「愛してる……牧野、全部見せて」


なぁ牧野。

お前は、

全部俺だけのモンだろう?







「ぃた……ッ」

「!? ……っわり、大丈夫か?」

「だいじょ、ぶ、じゃ、なぃぃ~~!」


小さな子供の様に 腕に縋り付き、頭を振り泣き顔で苦しいと訴えてくる。

充分に解して牧野のナカへ進めたつもりだったが、牧野はぶんぶん頭を振ってて、だけどまだ先端を埋めただけだ。

自分が慣れていないから、痛い思いをさせてしまっているのかもしれない。

……今度こそは慎重に進めなければ。


「ふぅ……ッん!ゃ、ぃたぁ、い」

「……え?」

「ゃ、……ゔぅ~~ ぃたいぃぃ」

「ま、まきのっ?」


さっきより優しくキツく締まるそこにじわじわと進めると、また痛い痛いとぽろぽろ涙を流す牧野。

だけどそこが柔らかく潤っているのは確かで、はじめての俺は何がいけないのか、これ以上どうすればいいのかと一瞬戸惑った。


「…………!!」


まさか

もしかして?

行き当たったひとつの可能性。

少しの申し訳なさと、大きな期待で喉が乾く。

「はじめて、なのか?」

「…………ぅん」

苦しそうに、ぎゅっと閉じていた瞳を開けて、小さく頷いた牧野。


「ごめん…………ゆっくりするから」



酷く甘い声が出た。



一番大事な女を傷つけてしまったから

それでも、もう一度手に入れる事が出来るならそれで充分だと思っていたのに。

突然手の中に転がり込んできた幸運に、信じてもいない神にはじめて感謝した。






もっと泣かしてやりたい。

いや、どろどろに甘やかしてやりたい。


「道明寺は、ん!なんで……はじめてじゃない、の?」

「ん?」

なかなかその先へと進まないのをそのままに、俺の首に細い腕を回させて、牧野の顔中にキスを落とす。

「っやだ、ズルい!なんで? あたしばっかり、こんな恥ずかしいのやだぁ……」

「…………お前は」

痛みからか、感極まってかは分からないが、潤ませた瞳で必死で訴えてくる。

お前は 俺を萌え死にさせる気なのか?

「俺だってはじめてに決まってんだろ?」

誰がお前以外の女なんかとするかよ。

「う、嘘だっ!」

「嘘じゃねえって」

何を根拠に言っているのか、俺が初めてじゃない、自分ばかりが恥ずかしいのが嫌だと、牧野が半泣きで抵抗をみせる。

「ずっと、お前だけだ」

「……うそ」

「嘘じゃねえ」

「あああぁァッ!?」

グッとそこに力を入れると、牧野の中にじわじわと進入していく。

「ほら、お前にしか……反応しねえんだから、責任とってもらうぞ?」

「んっ、ふぁ……んんンん!?」

悲鳴を飲み込み、柔らかい胸も揉みしだいて、舌と舌を絡ませるとナカがまた潤うのがわかった。

「……っは、く……ッ!」

俺も牧野も、身体がすげー熱い。

まだ完全に入りきっていないそれを前後に揺らして最後まで埋めると、早く解放したがる熱が更に存在感を増した。

「……うっ」

やべえ…………めちゃくちゃ気持ちいい。

牧野が泣きながら受け入れているというのに、自分は押し寄せる快感に耐えるのが精一杯だとか、どれだけ最低なんだろう。

そう思っても、昂りまくった熱は冷めなくて、ギチギチに俺を締め付けてくるそこにブチまけたい衝動に駆られる。

「ごめん、すぐ終わるから少し我慢して」

「え?………あっ!ぁああああっ!」

男の本能のままに、痛がる牧野の嬌声と生々しい水音が響く部屋で抽送を繰り返す。

「ま……まきのっ、牧野っ!」

「ぁっ、はぁ、んっ、あぁんっ」

抽送に合わせたような、押し込む毎に空気を吐き出す喘ぎ声がまた俺自身を硬くさせる。

「ゃんっ、んんっ、ふぁ……っ」

「愛してるっ」

「……ん、ぁぅ、どぅみょ、じっ」

「く、あっ…………まきのっ!」







「俺もう…………ッ!」

舌も身体も全て牧野と繋がって、2人ともぐちゃぐちゃのドロドロになって、激しく擦り付けて打ちつけて、ヒクつきだした牧野のナカで呆気なく達した。





「牧野、愛してる」


ーーーー ずっと昔から。

俺の腕の中で眠る、大人の表情をした牧野に焦りばかりが募る。

俺と離れていた期間の事だとか、今の牧野の心の中には誰がいるんだろうとか。

思い浮かぶのはやはり牧野の事ばかりで、記憶がなかった期間が、離れてしまった事が本当にもどかしい。

なあ、何でこんな事になっちまったんだ?

俺はお前が好きで、お前も俺を好きだって言わせたばかりだったのに。

ただ一緒に居たかっただけなのに、一番願った事から遠ざけられたのはなんでなんだろうな?

「牧野……」

存在を確かめる為に、眠る牧野の耳元でバカみたいに名前を呼んで。

「牧野、可愛い」

お前は俺のモンだからと、唇を重ねる。

「愛してる」

昔よりも愛に飢えた俺は、お前から与えられるものでしか埋めることが出来ないから。


「だから、お前も俺の全てを愛してくれ」


嘘つきでも何でもいい。

お前がこの手の中に戻ってくるなら、何でもしてやる。

スポンサーサイト



4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)