fc2ブログ
QLOOKアクセス解析

ライオン #27

最悪さいあくサイアクッッ!!




「あんた達なんて、大っ嫌いっ!!」






あたしが叫んでいる理由は、数時間前に遡る。



『牧野……頼みがあんだ。』

『……美作さん?』

何だろう、改まって……。

『っつーか、司。 お前が頼めよっ! 何で俺がしてんだ!?』

『……お前のが向いてるだろ。』

『ふざけんなっ!』

『…………じゃ、荒川紹介してやるから、やれ。』

『~~ちょっと、あんた達一体何の話をしてるのよ!?』


あたしに関係がありそうなのに、全く話が見えない。勝手に話を進めているふたりの間に割って入ろうと一歩踏み出したが、グッと肩を掴まれて動きを止められた。


『つっ、つかさ……。』

『あ? なに?』

『あらかわって、あの荒川…………?』

『おー。』

『お、お前、嘘ついてねえよな!?』

『……しつけーな、そうだって言ってんだろ。』

『マジか!! 荒川物産かよ、オイッ!!』

道明寺に何度も確認して、今にもひゃっほーい とでも言いそうなくらいに興奮している美作さんは、あたしを無視したままだ。


『……ちょ、ちょっと? 美作さん?』

あたしの存在忘れてない?

『ん? ああ、牧野っ!』

『…………え?』


ーーーーいや、何でそんなにキラキラしてるんですか?

振り返った美作さんは見たことがないくらい輝いている。

スルーされっぱなしのあたしを置いて、道明寺はジロリと美作さんを睨むと、条件を念押しした。


『あきら。 牧野を説得出来ねえなら、荒川の件はチャラだかんな。』

『わーってるって! まかせろ!』


上機嫌な美作さんは爽やかにウインクをして応えると、反対側にいたあたしに向き直った。

超笑顔でこちらに向かってくる美作さんの カツン、カツン と忍びよる足音が何だか怖い。


ええええ、なになになに?


何でそんな真顔なの!?



『……牧野。』

『はははは、はいっ?』

『あのさ、』

『や、やだやだやだっ! 絶対いやだ!』

『…………俺、まだなんも言ってねーけど。』

『だって、あんた達が考えてる事ってロクなことないんだもんっ!』

『信用ねーなぁ、俺ら。』

ハハハ……って、爽やかに笑ってんじゃないわよっ!! あんた達!

『当ったり前でしょーが!』

『じゃ、お前にコレやるっつったら?』

『あ、あたしは美作さんと違ってモノで釣られたりはしないわよ!』

『まぁ、そう急ぐな。 見てから考えても遅くねーからよ。』

そうして、美作さんが指をパチンと鳴らすと、何処からともなく使用人さんが現れた。

どうぞと言って、大きな封筒を渡される。

『なに…………?』

『開けてみな。』


ーーーー ごくりっ。


生唾を飲んで、恐る恐る中の紙を取り出すと《契約書》と書かれた紙が一枚入っていた。


『契約書……?』

『そっ、お前にやる。』

『こ、コレがどうかしたの?』

『ちゃんと、内容見てみろよ。悪い話じゃねーと思うけど?』

『? うん……。』





『……いい話だろ?』

『悔しいけど……かなり。』

『っしゃ!』

促されて内容を見てみると、今のあたしにとっては、とても魅力的な内容が書かれていた。

『んじゃ、決まりだな。』

『ちょっと待ってよ。 やるって言ってない! 第一、何をするかなんてまだ聞いてないのに……。』

そうよ、あたしはまだなにも知らない。確かにこの交換条件は魅力的ふだけど、毅然とした態度で挑まなきゃ!

そう思っていたら、先程からすっかり空気になっていた道明寺が口を挟んできた。

『……おい、あきら。一体牧野に何を渡したんだよ?』


どうやら道明寺は内容までは知らないみたい。

ーーーー 知ってたら、許可するはずない、か。


『秘密だよ。 な?牧野。』

『えっ……?』


にっこりと笑ってそう言われたけど、横目でチラッと見えた道明寺の顔が険しくて、とてもじゃないけど、 うん。 なんて言えない。


『……まさかテメー、俺との事に関係ある事じゃねえだろうな?』

ギクリ。

『『えっっ?』』

『おいっ、どうなんだよ!』

『『…………。』』


野生の勘、恐るべし。

蛇に睨まれた蛙のごとく、二人は上手くはぐらかすことも出来ずに固まってしまった。


『見せろっ!』

『や、やだ……って、あぁっ!』

『なんだぁ? これ。』


呆気なく奪われてしまった契約書を、道明寺が見てしまった。




ああ、もうだめだ。


終わった……。


コレで猛獣が暴れてお終いなんだわ。


両手で顔を覆い、静かに覚悟をした。



『…………。』





『…………。』





『…………。』




あれ? 



何も起こらない?




『牧野っ!』

『ははは、はい!?』

『これ、なんて読むんだ!!』

『…………はい?』

『司、お前コレ読めないのか?』

『さっぱりわかんねえ。』

『う、嘘……。』

『NY帰りでも、やっぱりアホはアホなままなのか……。』

『うっせえ!』


何故か自信満々の道明寺に、暴れるのを覚悟をしていたあたしと美作さんは、かなり脱力した。


《賃貸契約書。》


そう書かれていたのを、アホな道明寺は読めなかったのだ。

これ幸いと、機転をきかせた美作さんが道明寺に近寄って行く。


『たいしたことじゃねーよ、司。』

『ん? そうなのか?』

『そっ、そうよ! 世の中の大人の女性なら、皆してる事よ!』

うん、嘘は言ってない!

『ほら、牧野もこう言ってるだろ?』

『でもよ……。』

それでも納得がいかないような道明寺。 

でも、後もう一押しでイケる!!
 
長年の勘がそう囁いた。

『心配するような事はしないから、
大丈夫だよ。 ね?』

咄嗟に道明寺の手を握り、20㎝上の顔を見上げて頼んだ。

『だ……』

『お願いっ!』

それでも出かかった ダメ。 を遮ってさらにお願いした。

すると、


『…………しょーがねえな。』

『!!』

『よしっ!』


パチン と指を鳴らしたのは美作さん。

いそいそと、隣の部屋から新たな別の用紙を持ってきて、あたしに書けとせがんだ。


『ちょっと、そんな急かされたら書きにくいんだけど。』

『いーから、いーから。』

『もうっ!』

『……はい、これで良い?』

慌てて書き終えた契約書を渡すと、美作さんはチラッと見ただけで、そのあとすぐに道明寺に手渡した。

『サーンキュ。 ほらよ、司。』

『おう。』

反対に、最初から最後まで穴が空きそうなくらいジッと見詰める道明寺。

そ、そんなに見なくても……。

ってゆーか、美作さんがあんまり急かすもんだから、あたしもちゃんと内容までは見れてない。

後で見せて貰わなきゃ。


『ね、道明寺。もう一回見せて?』

『おー。いいぞ。』

『ありがとう。』








『…………んんんんんんん!!??』


新ためて内容を確認すると、何だか可笑しな事が書かれている。

ギョッと目を見開いて、道明寺に詰め寄った。


『ちょっとなによ、これ!』

『なにって、契約内容だろ?』

『そうじゃなくてっ! ここ! 何で、クイーン オブ ジャパン に参加する。とか書かれてんのよーーー!?』

『お前が今さっき、契約書に自らサインしたんだろーが。』

『待ってよ、やっぱりその話は……!』


慌てて、やっぱ今のなしっ! そう叫ぼうとしたら、道明寺は何故か冷めた目であたしを見た。


『道明寺。 それ、返して!』

『なんでだよ?』

『そんなの出ないよ、あたし。』

『……あ? なに言ってんだ?』


左手を伸ばして契約破棄を求めるあたしを無視して、道明寺はあたしが到底届かないくらいに契約書を上に持ち上げた。


『それ、破って捨てるから!!』

『嘘、つくのかよ?』

『っ!』

『今さっき、自分で書いた契約書を5分もしねーうちに破棄すんのかって聞いてんだよ。』

『だ、だって、それは……。』

『……あーあー。お前も随分、いい加減な女になっちまったもんだなぁ?』

『!?』


ーーーー 今こいつ、なんて言った?


『嫌ならやめてやるよ。 仕方ねーよな、パンピーのお前が出ても恥かくだけだろーし。』

『…………なによ、それ。』

『ほれ、返してやる。』


ピラピラ とあたしの目の前に翳された契約書。

コレを破って捨てれば、出なくて済むんだ。

早く、はやく取らないと。













そう、思うのに。





『……っざ………いわよ……。』







『……あ? なんか言ったか?』

『牧野? どうした?』


ボソリと呟いた声は消えそうに、でも確かに二人の耳に届いた。

それきり俯いて、今にも真っ赤なオーラが見えそうなくらい全身に力が入っているつくしに、あきらは何故か悪寒がする。



『おい? まき……』



『ふっざけんじゃないわよ!!! 』



『『!!?』』



鼓膜が破れてしまいそうなくらいの怒号。

至近距離でそれをモロに受けた二人は、頭の中が振動したかと思うほどのダメージを喰らった。


『誰がいい加減で、無理だって?』

『お、おい? まきのっ?』

『…………。』

『ああああああ~もうっ、あったま来るっ!!』

キイィ~ っと唸って頭をかきむしると、真っ赤な顔をした牧野がこう高らかに宣言した。

『いいわよ、クイーンだかキングだか知んないけど、何でもやったろーじゃないっ!!』

『『!!』』

『コケにされっぱなしのあたしじゃないわよ、見てなさいっ!道明寺ッ!!』


司に向かってビシッと人差し指を突き立てると、余裕の表情をした司はさらに牧野を煽った。


『……ふ~ん。 出来んの? お前に。』


プチン。



……あ、牧野からなんか嫌な音が。


『フッフッフッ……。』

『!?』


おいおい、今度は怒りを通り越して笑ってやがる。


……めっちゃ恐ぇんだけど。



『庶民で何が悪いのよっ! 金持ちがそんなに偉い? んな訳あるかバーカッ!!』


『吠えヅラ掻かせてやるんだから!』


『おう、楽しみにしてるわ。』



ふたりは向かい合い、ニヤリと笑い合った。

気づけば、さっきまで嫌だいやだとゴネていた女は完全に消えていて。

隣の司を見ると、さすが俺の女だと言わんばかりに笑ってやがる。







ーーーー 司め。


解ってて、牧野を煽りやがったな?


お陰で、こっちは心臓がいくつあっても足りねーよ。


でも、


悔しいけど、お前ら見てたらこう思わざるを得ねえじゃねーか。



《 なんてカッコイイ、俺の親友。》
スポンサーサイト



1 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)